マンション住まいでも大丈夫!


ベランダのスペースで充分楽しめる
マンション住まいでは家庭菜園は楽しめないと思っている人もいるかもしれませんが、これはベランダのスペースで充分楽しめる趣味ですから、マンション住まいであっても問題無くチャレンジできます。プランター1つから始めてOKですし、その後慣れてきたら数を増やし、最終的にはベランダでもプチビニールハウスやネットを張って栽培、収穫を楽しむことも可能です。畑や広いスペースがなければできないということは無く、工夫次第でいかようにも楽しめるのが家庭菜園の魅力ですから、ぜひベランダを活用して野菜の栽培、収穫を楽しんでみてください。

ネットを張ってみよう
マンションのベランダで家庭菜園に挑戦する場合には、高さや奥行き、日当たりの良さを利用してネットで栽培を行ってみるのがおすすめです。代表的なのはゴーヤーで、これは育てやすいことはもちろん成長することで日除けともなってくれますから、特に夏の家庭菜園の品種としては非常に役に立ちます。虫などもつかず、水やりとつたの伸びだけ気にしてあげればぐんぐん育ちますので、毎日楽しく成長を見守れます。またネットを利用した家庭菜園では、パッションフルーツもおすすめです。こちらもゴーヤー同様日除けにもなりますし、家庭で南の島で栽培されたものと変わらない味の実を収穫することができます。パッションフルーツはベランダで作れる品種の中でも高級な部類に入りますので、野菜とは違ったちょっとリッチなものを育ててみたいという人にはぴったりです。深く根を張れる大きめのプランターとしっかり広がってつたを張れるネットを準備してあげればOKですから、ぜひチャレンジしてみてください。香りも良く、収穫後そのまま割って食べることができ、夏の贅沢なデザートとして楽しめるでしょう。収穫が終わった後、根に近い部分のつたを切り挿し木をして室内で冬を越させれば、また来年それを育てることができます。